世界一のお金持ちは資産11兆円を持つ、 Amazonという会社を作った人だったそうです。通信販売を便利に使いたい悩みを解決してくれた会社です。

第二位の人は、Windows というシステムを作る会社を作った人です。この人が、いままで一位でした。パソコンを使いやすくするシステムを作ってくれた会社です。

どちらも人の悩みを解決してくれたいます。

商売というのは人の悩みを解決しない限りお金になりません。私はそう思っています。

どうすれば、便利な暮らしができるだろうか。そう考えて、便利になるように、困ったことが片付くように、しっかり考えることができたのでしょう。

私も、これぐらい商売がうまかったらいいのになぁ、人の悩みを解決するのか上手ければればいのになぁと思います。

 

税金の面でいうと、お二人とも資産のほとんどは株式です。

個人事業主のように、稼いだお金に多額の所得税はかかりません。

会社の株を持って、会社を作って、会社が稼いで、会社の価値が上がって、その持ち主になる方法です。

日本においても、個人事業主が大金持ちになるのは難しいです。

会社を持って、会社の価値をあげていく方法が、税金の率が安いので、早くお金持ちになれます。

 

そのため、儲かってきた個人事業主の方とは、法人を作ったほうが良いよね。というお話をさせていただくことが多いです。