先日、確定申告にかかる税務調査で、税務調査を行わないので事務所のほうで、申告の内容についての説明に来るように言われる案件がありました。

 このようなケースは、私も仕事をしていてはじめてで、税務署の方というのは、本当に調査をしないところに、伺って行っていいものなのかなと思っていました。

 他の税務調査の立会いの際に数名の税務職員に確認したところ、皆さん揃っておっしゃったのが、税務署というのは申告の数字が正しいかどうかということを求める者なので、そこに至る過程がどうであろうが、きちんとした申告になっていれば、それはそれで良いのであって、ましてや確定申告も忙しい時期に、納税者の方は、税理士の方がきちんとした数字で申告を出していただいてそれが間違っていなければ、それはそれで一人の納税者の申告が正しくなっているんだからそういう考え方もありなんではないですか。と言われたことに非常にびっくりしました。