修正申告の税金を分納できるか

修正申告書を提出しましたが、税額が多く払えません。分割で納税したり、納期限を伸ばしてもらったりしてもらうことってできるんですか。

まず、納期限をのばすというのは、法律的には難しいです。修正申告書を提出した日が、納期限になります。ただ、修正申告を税務職員がお願いする場合に、「修正申告について」という紙を渡される場合があります。そこには、納税が難しい場合の一つの方法として「換価の猶予」という方法が書かれています。この、「換価の猶予」の制度を利用することが、分割で納税をするために、有効な方法であると考えております。この、換価の猶予の制度では、1年間での分納計画や、さらなる1年間の分納期間の延長の制度もあります。当事務所においては、この「換価の猶予」の書類作成や、徴収部門との交渉業務も、業務として行っております。

税務調査の連絡があると、過去の申告を振り返って不安になることや、納税について不安になることもあるかと思います。当事務所でよろしければ対応可能ですので、無料相談の電話番号にご連絡くださいませ。