消費税の免税事業者について

消費税を納税しなくてもいい人はどんな人ですか。

消費税は、売上が1000万円未満は、納めなくてもかまいません。
ただ、様々な条件があります。

具体的には、2年前の売上が、1000万円未満の場合です。
商売を開業した年と、商売を開業した年の翌年の、最長で2年分については、個人事業主は消費税を納税しなくていいんです。

ただ、商売をはじめた年のはじめの6ヶ月の売上と人件費があまりに多かった場合には、2年間も消費税を納税しなくてもいいのは、消費税が有利すぎるということで、消費税を納めなくていいのは、1年目のみとなる場合があります。

売上は1000万円を超えたら、2年後から消費税の課税事業者になります。という届出書を税務署に提出します。また、消費税の簡易課税制度で申告したいという希望があれば、消費税の簡易課税制度を選択します。という届出書を税務署に提出します。

消費税を申告して、納税する義務があるにも関わらず、申告も納税もしていない場合などには、税務調査の対象になりやすいです。税務調査の連絡があると、今までの申告を振り返って不安になることもあるかと思います。当事務所でよろしければ対応可能ですので、無料相談の電話番号にご連絡くださいませ。