税務調査とプライベートについて

質問)税務調査がきっかけでプライベートに悪影響がでることはありますか?

回答)

税務調査において、経費の証拠に不十分なものがあれば、税務署は、それを調べる可能性があります。
事実かどうかの確認を求められる可能性があります。

青色専従者給与などでは、給与を支払った相手に、仕事の内容などを聞かれることがありますので、そのようなことで税務署の人に聞かれたことがきっかけで、プライベートに悪影響が出る可能性がないとはいえません。

プライベートのお付き合いのある愛人などに、経費としてお金を支払っていた場合、その愛人の労働の実態を確認されることがあります。

愛人やご家族や友人などに通帳や裏帳簿を預かってもらったり、偽りの取引先の代表者になってもらったしている可能性があると税務署が判断すれば、その人に聞き取りに行くことがあります。

そういった税務調査を受けている時や、そういったことを想像している方が、心身が不安な状態とり場合、家族や友人に当たるケースも考えられます。
家族や友人に理由なく怒りや過度の不安をぶつけたりすると、プライベートの人間関係に悪影響が出ることがあります。

税務調査の連絡があると、過去の申告を振り返って不安になることもあるかと思います。当事務所でよろしければ対応可能ですので、無料相談の電話番号にご連絡くださいませ。