雑費について

質問)雑費って、仕訳をする時に勘定科目で迷ったらよく使うのですが、本当はどういうときに使うものですか?

回答)

雑費の多い申告書は、税務調査では良く問題にされます。
雑費というものは、他のものに区分できない経費であることを示します。
他のものに区分できない経費がたくさんありますが、その分税金を下げて下さい。

と、いうことを申し出ている書類に見られます。

税務調査では、そこを調査されます。
なんで、他のものに区分できない経費がたくさんあるんだろう。

ありえない数字を書くような内訳書というのは、それだけで疑われてしまうのです。

雑費というものは、できるだけ使わないほうが賢明です。
どこに経費区分していいかどうかわからないようでしたら、税理士や税務署に聞いてでも、雑費を少なくすることが、税務署に疑われない申告書を作る上では大切です。

雑費は狙われています。すごく雑費の多い申告書を作成してしまった方は、よろしければ、ご相談下さいませ。

税務調査の連絡があると、過去の申告を振り返って不安になることもあるかと思います。当事務所でよろしければ対応可能ですので、無料相談の電話番号にご連絡くださいませ。