領収書とレシートについて

質問)事務所の備品などの買い物をしたあと、いつも領収書を出してもらっているのですが、これは領収書ではなくてレシートでも良いのでしょうか?領収書だと細かく何を買ったのか記載されていませんが、レシートだと何にいくら支払っているのか書いてあります。領収書をもらうとレシートは、お店に持っていかれるので、あとで領収書を見ても具体的に何を買ったのかわからないです。

回答)事業の経費に計上したものは領収書をとっておく必要がありますが、保管するのは、領収書でもレシートでもどちらでも大丈夫ですが、何を購入しているのかわかる資料でないと、それが経費であると証明しにくいかと思います。レシートの方が買った物の内容がわかりやすいということであれば、レシートを残しておかれた方が良いと思います。昔はレシートの方が何を買ったのか内訳がわからないということが多かったのですが、今ではレジの機能が良くなってきちんと表示されるお店が増えましたので、レシートで良いと思います。また、もし領収書をもらって内容が書いてない場合は、領収書に何を買ったかや、誰と食事をしたなど、記入しておかれると税務調査が入っても、何の領収書か説明できますので、安心かとおもいます。

税務調査の連絡があると、過去の申告を振り返って不安になることもあるかと思います。当事務所でよろしければ対応可能ですので、無料相談の電話番号にご連絡くださいませ。